スマホやデジカメに付ける木製のストラップを作りたい。

ずいぶん以前より、木と革を組み合わせたスマホデジカメに付けられるストラップを作りたいと考えてました。

木はもちろん天然のものですし、とりわけ黒檀や紫檀のクールさには惹かれます。

しかし、黒檀や紫檀は「銘木」と言われていて、素材自体が貴重なこともあり、かなり高級な木材です。

しかもかなり硬くて、ちょっとした傷を消すのに紙やすりで半日(いいすぎかな!?)ほどこすっていた、思い出があります…。

携帯スマホにつけるストラップって、ポケットから引き出したりとよく手に触れているものですし、

やはり温かみがあっていいですよね。というわけで、加工の難しい高級な木材で作るのはゆくゆくの目標ですが、

まずはタモを使った木材がホームセンターにありましたので、これを何とか加工して指を入れられるストラップに加工したいと思います。

いわば、大きめの木製の指輪といった感じでしょうか。

DSCN0941.jpg

買ってきたのはこれらの材料。全てタモ材でできています。これらも、温かみが出そうですね。

DSCN0947.jpg

近くのホームセンター工作室があるので、こちらの卓上ボール盤を借ります。

DSCN0942.jpgDSCN0946.jpg

指の入るくらいの径の木工用のドリルの刃(ビット)を買ってきては、穴をあけてみました。

写真では簡単そうに見えますが、なかなか長い穴を開ける時は、だんだん摩擦が大きくなって、

木は焦げるし、ちょっとバイスがはさみそこねるとずれてしまって、ボール盤の安全装置が作動して止まります。

緊急停止というやつですね。

そうこうして、四苦八苦しながら何とか穴があきました〜。

DSC_0018.jpg

残念ながら写真はありませんが、これをせかせか手で切ってはひとつひとつの形にしてゆきます。

というのも、自分一人では写真を撮れないのです。

今のうちの革工房の工具や漉き機工業用腕ミシンはもちろんありますが…うちの、木工の設備ではこのくらいしか出来ません。

DSCN1042.jpg DSCN1051.jpg

試しに、リボス塗料オスモ塗料という、自然由来の木材に塗るためのオイルを縫ってみます。

今回は、友人に分けてもらったからいいものの、もさることながら、お値段もかなりいいものです(T_T)

やはり、今回制作にかなり時間がかかってしまいましたが、販売してゆくにはまだまだ加工方法デザインなどを工夫する必要がありますね〜ww

でも、物自体はすごくいい感じに仕上がったと思います。もちろん、これに革を組み合わせてゆきます。

うちはなんといっても革工房ですからね〜。

というわけで今回はここまでです。

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://kawasemi.co/%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%83%9b%e3%82%84%e3%83%87%e3%82%b8%e3%82%ab%e3%83%a1%e3%81%ab%e4%bb%98%e3%81%91%e3%82%8b%e6%9c%a8%e8%a3%bd%e3%81%ae%e3%82%b9%e3%83%88%e3%83%a9%e3%83%83%e3%83%97%e3%82%92%e4%bd%9c/trackback/

Post a comment

KawaSemiKobo Logo

かわせみ工房

〒600-8078 京都市下京区松原通堺町東入杉屋町283
        松原クラタビル 3B  【 地下鉄五条駅 歩8分 】

contact(a) kawasemi.co   TEL:075-746-4900

※お手数ですが(a)を@に変更ください